お知らせ

福井県立高校入試で英検取得級が加点対象に

福井新聞より引用:

「福井県教委は(2017年)現在の中学2年生が受験する2018年度の県立高一般入試から、英語の学力検査で実用英語技能検定(英検)の取得級に応じて点数を加算する。取得者は最大15点のアドバンテージがあり、合否への影響は小さくない。(中略)

英語の学力検査は3級取得者に5点、準2級10点、2級15点を加算し、115点満点となる。5点は学力検査の1・5問分に相当する。英検を実施している日本英語検定協会(本部東京)によると、3級は中卒、準2級は高2、2級は高卒レベル。

外部検定を活用するのは、「読む・書く・聞く・話す」の四つの技能の習得を促すのが狙い。県教委の担当者は「全県的に英語教育に力を入れ、グローバル化した社会に対応できる人材を育てていきたい」と話す。

15年度の公立中学校卒業生のうち、英検3級相当以上の力を持つ生徒の割合は42・7%だった。県教委は、現中2が卒業する17年度末には目標値を50%以上と掲げている。」

FISではSTEP英検を英語学習の動機づけや客観評価の目安として、卒業する子たちやFIS English Schoolの生徒たちに、適宜受験に向けて指導しています。

「今、自分の英語力はどれくらいなんだろう」、という物差しとして、また、受かれば次の段階への英語学習の意欲として、このSTEP英検をご利用いただければと思っています。

なお、Fukui International SchoolはSTEP英検の受験準会場に指定されています。